Loading...
未分類

20万部突破!3分で分かる『お金2.0』まとめ

f:id:shu066:20180329232128p:plain

おはようございます。

しゅうです。

 

今日は話題の『お金2.0』について書きます。

3分わかるようにまとめます。

 

3分で分かる『お金2.0』まとめ

 

今話題の『お金2.0』

(佐藤航陽著)

 

仮想通貨、フィンテック、シェアリングエコノミー、評価経済など

経済のあり方がかわろうとしている今、

 

「新しい経済の中での生き方」

 

が記されています。

 

今までのお金とは何なのか?

これからのお金とは何なのか?

 

1冊で現在の経済のあり方、これからの歩き方が分かる本書を簡単にまとめます。

 

 

①お金とは何か?

現在の社会ではお金がお金を生み出し、

非常に複雑な経済システムとなっている。

かつては物々交換の不便さを補う仕組みとして発達したが、

いつしかお金としての存在が中心となっていった。

だからこそお金の仕組みと理解が必要である。

そもそもお金とは”価値の保存・尺度・交換の手段”である。

その役割・システムが巨大化し、

中央銀行が設立され中央管理者によって

コントロールされる中央集権の社会となった。

 

②テクノロジーによる仕組みの変化

今起きているのはテクノロジーの進化による

「分散化社会」への移行だ。

 

なぜなら今までの社会はリアルタイムで情報交換する手段がなく、

情報の核となるハブの存在によって保たれていた

「中央集権社会」だったからだ。

 

しかし、今では全員がスマートフォンをもち

リアルタイムで繋がる社会へ劇的なスピードで変化。

その変化によりハブの存在の必要性がなくなり、

分散したネットワーク社会へと変化しているのだ。

 

例えば”uber”や”Airbnb”など

”シェアリングエコノミー”と呼ばれるビジネスモデルがその典型だ。

また、ブロックチェーン技術によってエコノミーがトークン化し、

各経済システム毎にトークンが開発されると

個々の経済圏が独立して動くので、

完全に分散した経済システムとなっていくだろう。

だからこそ個々の価値が重要になってくるのは間違いない。

 

③価値主義

今までの”お金”とは”価値の保存・尺度・交換の手段”であったと前述した。

しかし膨大な資産がありふれた今、

相対的にお金の価値が下がるようになってきている。

その中で「お金とは違う価値のあるものって存在するよね。」

と感じ始める人が増えてきた。

 

みなさんの中でも

「価値を保存・尺度・交換する手段ってお金じゃなくてもいいよね」

と考えている人は多いのではないだろうか。

 

例えば「注目」や「関心」、「時間」や「記録」といった

お金以外の価値が資産として重要性を増してくる社会になってきていることだ。

価値を資産に替え、蓄積していくことがこれからの新たな経済の歩き方の一つになる事は間違いない。

 

④お金から解放される生き方

 

これからの社会は「目的」を見つける時代ではない。

 

「新たな目的を作り出す時代だ」

 

あらゆるモノが満たされるこの時代。

自身の新たな価値の認識と蓄積は最低限必要だ。

それを他人に与え人生の意義や目的を生み出すことができる人が、

どんどん価値を上げる事になっていく。

 

その為には

「他人に伝えられるほどの熱量を持って取り組めることを探す事」

が最も近道であろう。

 

 

 ざっくりまとめるとこのような内容です。

かつてのお金の使われ方は今までの経済システムにおいてのこと。

しかし経済システム自体が劇的に変化しているこの時代に、

価値の指標としてのお金の役割は必然的ではなくなっていることが明確に書かれていました。

 

特に価値の種類はたくさんあり、

「時間」や「感情」、

「興味」、「注目」、「関心」などが

新たな価値・資産となっていくというのは印象的でした。

 

本書を読むとより経済システムについてやこれからの価値のあり方などが具体的に、

明確に書かれてあるので、時間がある人は絶対に読んだ方がいいです!

 

ブロガーのイケダハヤトさんも

「ブログを書く事自体が資産の蓄積」

だと仰っていました。

 

 

26歳の僕には非常にタイムリーな内容でした。

同じ世代はもちろんのこと幅広い世代にも影響のある本です。

時間が合ったらぜひ!

 

また明日。

 

f:id:shu066:20180330005657p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です