Loading...
未分類

”読書をすると年収が上がる”たった一つの理由

f:id:shu066:20180330205815p:plain

 

おはようございます。

しゅうです。

今日は読書について🌻

 

『読書量と年収は比例する』

これは巷ではよく言われている話です。

「年収800万円の人は、年収400万円未満の人に比べると1.5倍のお金を本に費やしている。」や「ビルゲイツの読書量は年収300万円の人の38倍」ということがサイトや本に多く書かれています。

 

それはなぜなのか。

本を読む事で何が変わるのか。

今日はそれを簡潔に書きます。

3分で読めますよー!

 

本を読むと何が変わるのか 

ぼくも年間100冊以上本を読みます。

ジャンルは様々で、読みたい本を読みたいときに読むのが大好きです。

主にビジネス書が多いですが、歴史や小説、専門書やマンガなど本当にあらゆるジャンルの本です。(最近やっとキングダム読み始めました!

純粋に本を読む事が大好きです。

 

本を読むと何が変わるのか?

 

ぼくが思う”読書”の最大のメリットは

他の人の”考え方”・”知識”を身につけること。

これに尽きます。

 

例えば、旅行に行く際「電車で行く」という選択肢しかなかった人が

本を読む事で「飛行機で行く」という2通りの考え方を知って知識を身につけること。

そうすると選択肢が二つになり、行動の幅が広がります。

 

つまり本を読む事で自分自身の

”考え方””知識量”が圧倒的に変わります。

 

 

なぜ読書量と年収は比例するのか?

 

なぜ読書量と年収は結びついているのか?

 

なぜなら読書量が多い人は仕事や事業、自分のモチベーションに対しての切り口が

非常に多様だからです。読書量が多い人は自然と多様な考え方・知識が身に付いていきます。考え方・知識を身につけることであらゆる切り口から仕事や事業を展開でき、

成果を出す選択肢が広がることが年収に繋がっています。

 

「自分も読書量多いけど全然年収上がんねーじゃん」

と思う方もいるかもしれません。

読書量と年収が比例するのは事実ですが、

あくまでそれはアウトプットすなわち行動が合ってこそのことです。

読書をして考え方をしり、知識を身につけ行動する。

 

実はこの”アウトプット””行動”が一番大切です。

これが読書量と年収比例するたった一つの理由です。

 

まあ年収あげることが目的になって本を読むよりは、好きで読んだり「知識つけよう!」と思って読んだほうが自分の力になると思います。

 

面白い本あったら誰か紹介してください!w

 

偉そうに書きましたがあくまでぼくの考え方です。

また書きまーす。

 

また明日。

 

 

f:id:shu066:20180330205604p:plain

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です