Loading...
お金のコト

【1分で分かる】確定拠出年金まとめ

おはようございます。

しゅうです。

今日は確定拠出年金について書きます。

確定拠出年金とは

最近”iDeCo”って聞いた事ありませんか?

「イデコっていいらしいよ」

などの話をしている人増えてきてますよね。

iDeCoとは”個人型確定拠出年金の略です。

なんか漢字が多いな〜と思われるかもしれませんねw

確定拠出年金とは簡単に言うと

”自分で運用する年金”のことです。

少子高齢化などで年金制度が危ぶまれたり、

企業にとって退職金は財政圧迫になるので、

「一定のお金を自分で運用して、年金つくってね!」

という制度が確定拠出年金のことです。

そして確定拠出年金には”2種類”あります。

①企業型

②個人型

この二つです。

企業型とは

まず”企業型”とは

「企業が毎月いくらかお金を渡すので、自分で運用してね」

という制度です。

まとまった退職金は渡さないので、

「自分で毎月運用した分を退職金や年金として渡しますよ!」

というイメージです。

もちろん退職金とは別のところもあります。

ただ個人型と違うところは”毎月の掛金の限度額”が異なったり、

企業から毎月の運用資金・掛金が給付されることです。

個人型とは

”個人型”確定拠出年金とは

自分の意思で毎月掛金を設定して積み立て、

運用することで年金として受け取れるものです。

個人型は企業型と限度額受取方法などが異なります。

これから年金の受給額は減るとされている中で

自分で運用することで、受け取るお金を増やしていくというのが

狙いです。

投資信託のようなイメージですが、

受取の時に税金がかからなかったり、

掛金が控除になったりするので、最近推奨されている訳です。

非課税についてや控除については次回書きます。

では

f:id:shu066:20180528194722p:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です