【文系でも分かる】Dapps(分散型アプリケーション)とは まとめ

2019年2月12日

「”Dapps”って何?なんか聞いたことある。」

今日はそんな方への内容です。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Dapps(分散型アプリケーション)とは?

「Dappsってよく聞くけど何?」

そんな方でも1分で分かるDappsを紹介します。

Dappsとは『Decentralized Applications』の略です。

日本語に訳すと『分散型アプリケーション』となります。

聞き慣れない方もいらっしゃいますよね

簡単に言うと”分散管理してるアプリ”のことです。

Dappsの最大の特徴は「中央管理者」が存在しないこと。

App StoreならApple、Google playstoreならGoogleのように

現在のあらゆるサービスには必ず「中央管理者」が存在しています。

しかしDappsには「中央管理者」が一切存在しません。

全てオープンソースで自動的にオペレーションされています。

これは”ブロックチェーン技術”をもとに構築されているからです。

Dappsの定義

改めてDapps定義は以下の3つです。

オープンソースである(非中央集権)

トークン利用されている

③ユーザー合意のもとで改善される

上記3つを満たしておけばDappsと言えます。

ここまで覚えておけばとりあえず大丈夫です。

Dappsは非中央集権なので、透明性が高く

ユーザー同士でアプリを改善していくことができます。

Dappsの最大のメリットは?

「Dappsの何がいいんや?」と思った方。

Dappsの最大のメリットは今までのように

”中間搾取者”が存在しないことです。

会社や国家など今まで中央集権で管理していたシステムが

非中央集権に代わり、相互に管理していくサービス・仕組みが広がっていきます。

そしてそれぞれに”トークン”が発行されるので、

それぞれのアプリが独立した経済圏のようになります。

今まで中間管理者によって発生していた

手数料なども無くなります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

代表的なDapps

代表的なDappsは”Bitcoin”です。

他にも”EtherDelta”や”kyberNetwork”などの分散型取引所(DEX)や
“BitPet”や”cryptokitties”などのゲームもDappsの一種です。

現在様々なDappsが開発されており、

どんどん拡大しています。

詳しくはまた別の記事で書くのでその時までお楽しみに。

仮想通貨

Posted by shu066